眠りのコンシェルジュ

西川専門店スリープハウスツタヤ|眠りのプロが最適な寝具をご提案|[眠りのコンシェルジュ]

店舗購入特典!!

当店にて対象の掛けふとんや敷き寝具をお買い求めいただいたお客様は不要ふとんを無料引取りいたします!!

 

お支払いもお得な月々払いも取り扱い中!!

 

HOME»  敷き寝具

敷き寝具

良い敷き寝具の条件は、「寝姿勢保持」+「体圧分散」。

敷き寝具に求められる最も重要な性能は、「正しい寝姿勢の保持」と「バランスの良い体圧分散」です。
また、適正な寝床内気象をつくりだす「保温性」「吸透湿性」「放湿性」も大切。
それらをより高いレベルで満たすことが、快適な眠りにつながります。

 

敷き寝具に求められる機能性

 

敷き寝具の役割

なだらかなS字型を保つこと
まっすぐ立ったとき、人間の背骨はなだらかなS字型を描いています。
この形を寝ているときも保つことが、身体に無理のない自然な寝姿勢です。
この自然な寝姿勢を保つことが敷き寝具の最も重要な役割です。

 

なだらかなS字型を保つこと

 

「寝姿勢保持」+「体圧分散」
寝姿勢を保持するためには、身体をしっかりと支えることが必要です。
そこで敷き寝具は「身体が沈み込まない硬めのタイプがよい」と提唱され、硬めの敷き寝具が主流となっています。しかし、硬いだけでは腰部など荷重のかかる部分を圧迫し、その部分に負担がかかってしまう場合があります。そこで、ほどよいクッション性で身体を受け止め、バランスよく体圧を分散することが重要になってきます。寝姿勢の保持と体圧分散。この相反する条件を満たすことが、敷き寝具には求められています。

 

部位ごとの体圧分散

 

適度な寝返りの効用
私たちは一晩に20~30回、寝返りをうつといわれています。それは同じ姿勢でいると血行が悪くなったり体温が上昇するため、身体の向きを変え調整しているからです。また、寝返りには日中生じた身体の歪みや疲れをリセットする役目もあります。しかし、敷き寝具が柔らかすぎると寝返りがしにくく、反対に硬すぎると寝返りが多くなって眠りを妨げてしまいます。
寝返りがしやすいことも、良い敷き寝具の条件です。

 

良い敷き寝具の選び方

大切なのは体のラインを崩さないこと
柔らかすぎる敷き寝具を選ぶと、お尻など重い部分が沈み込んで腰痛につながることがあります。一方、硬すぎる敷き寝具を選ぶと、肩やお尻など凸部分だけで身体を支えることになり、寝ているうちにその部分が痛くなることがあります。また寝返りの回数が増え、快眠が妨げられることにもつながります。大切なのは適度に沈み、仰向けに寝ても、横向きに寝ても、まっすぐ立っているときのような自然な姿勢が崩れないことです。

 

良い敷き寝具の選び方

 

まくらと併せて選ぶことも重要
まくらも身体を支える大切なアイテム。自然な寝姿勢を保つためには、敷き寝具だけでなく、まくらの高さや硬さも重要になってきます。たとえば柔らかい敷き寝具の場合、頭より胴体の沈み込みが大きくなるので低めのまくらを選ぶなど、敷き寝具をまくらの組み合わせを考えて選ぶことが重要です。

 

良い敷き寝具の選び方

 

敷き寝具の種類

詰めもの(素材)の違い
敷き寝具は、詰めものによって、その性能や寝心地が異なります。
性能の違いはもちろん、寝心地感の好みやライフスタイルも寝具選びの大切な要件になります。

 

木綿わた 1970年代までは木綿ふとんが全盛。吸湿性はあるものの放湿性に乏しいため、毎日のように日に干さなければなりません。ダニが繁殖しやすいのでアレルギー対策も必要。定期的に打ち直しするとボリューム感が戻ります。
ウールわた 動物性繊維ならではの優れた保温力、放湿性が特徴。使用しているうちにヘタリが生じ、フェルト化するため、予めフェルト化した「固わた」を挟み込んだ三層構造とし、ヘタリを解消した敷きふとんが主流です。
ウレタン クッション性に優れ、ほどよい硬さで身体を支えるウレタンフォーム素材。保温性・吸湿性・放湿性は乏しく、ムレやすい傾向がありますが、透湿性には優れています。「点で体を支える」形状加工が可能。寝姿勢保持と体圧分散の両方に優れた性能を発揮する敷き寝具が好評です。

 

敷き寝具のラインナップ

[フロアタイプ ]
 

木綿わた敷きふとん 合繊混紡わた敷きふとん
ウール敷きふとん ウール混敷きふとん
ウレタン敷きふとん プロファイルカット敷きふとん・マットレス
2次元カット敷きふとん・マットレス

 

 

[ベッドタイプ ]
 

スプリングマットレス ボンネルコイル・ポケットコイル
ノンスプリングマットレス ウレタン
ベッド用寝具 ベッドパッド
オーバーレイ
カバーリング

 

 

お問い合わせ

あなたに最適な寝具を、眠りのプロがご提案致します。